メルマガ講座【その3】 「 メルマガが稼ぐ目的ならこれは知らねば! 」 - メルマガアフィリエイトで起業を支援【魔法の情報ビジネス成功術】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-----------------------------------------------------------
↓ ランキングに参加中です^^ ワンクリックお願いします♪ ↓
     
-----------------------------------------------------------

メルマガ講座【その3】 「 メルマガが稼ぐ目的ならこれは知らねば! 」

3回目あなたが、メルマガで稼ぐことが目的なら
「 これは知らねば! 」ということについてお伝えします。


一体どんなことを知らないといけないんでしょうか。

なんか不安になってきますが、一般的なルールやマナーを
守っておけば、普通はなんてことないので安心して下さい。


今回も大きく3つに絞りました。

ひとつめは「 特定電子メール法 」です。
次に 「 メールを出すためのマナー 」です。
そしてもうひとつは「 メルマガの書き方×10 」です。





が、その前にメルマガを書くマインドとして大切なこと。


あなたは読者さんに対してどんな言葉で伝えますか?

海外から入ってきたコピーライティングが好きですか?

それとも日本人としての魂を込めたコピーライティングで

届けますか?


私^^のんきは日本の魂が好きです^^

だからこれからもこれをお勧めしていきます^^。

→ http://s-ter.net/nonki/c/02185.html


上からの購入で私^^のんきからもこの音声のために準備した

オリジナルレポートをプレゼントしますので連絡下さいね。

→ http://s-ter.net/nonki/c/02186.html








そんな暖かい言葉を大切にしながら「 メルマガ講座 」の3回目です。


1回目は「 メルマガを出すためには何が必要なのか 」

をお伝えしました。

→ http://noncoro.blog83.fc2.com/blog-entry-416.html


2回目は「 メルマガを続ける秘訣 」をお伝えしました。

→ http://noncoro.blog83.fc2.com/blog-entry-417.html



3回目の今回は、あなたが、メルマガで稼ぐことが目的なら

「 これは知らねば! 」ということについてお伝えします。



今回も大きく3つに絞りました。


ひとつめは「 特定電子メール法 」です。

次に 「 メールを出すためのマナー 」です。

そしてもうひとつは「 メルマガの書き方×10 」です。



今回も「 全部知ってるよ 」という方もいるとは思いますが、

意外とマナーがなっていないケースが多いものですから、

あなたが知っているということでも、合っているかどうか

チェックしてみて下さいね。



では、またひとつずつ見ていきましょう。



ひとつめは「 特定電子メール法 」です。


この特定電子メール法(特電法)は「 法律 」です。

ちょっと「 うざい! 」と思われるかもしれませんが、

これ守らないと罰則規定もありますので、これから

メルマガを発行する場合はちゃんと押さえておいて下さいね。




まず内容と概要です。


といってもここではポイントだけ。

詳しくは、特定電子メールの送信等に関するガイドライン(総務省)

がありますので見たことない人、↓これ見ておくといいですよ。

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/2008/081114_4.html



では、簡単に・・・^^


【 ポイント1=注意すべき点 】

法律ですから法を犯すと罰則があります。

見てびっくりの内容ですので、目を通してください。


■罰則

 ・同意のない者への送信(特定電子メール法第3条違反)

 ・表示義務違反(特定電子メール法第4条違反)

 両方とも、総務大臣による命令です。

 命令に従わない場合は1年以下の懲役または百万円以下の罰金

 (法人重課:3000万円以下の罰金)となります。

  怖いですね(^^ゞ



【 ポイント2=この法律への対応方法 】


で、結局どう対応したら良いのかについて、その対応方法を記載します。


■「 発行者情報を載せない 」と、どうなるか。

 ・名前・・・個人なら「本名氏名」、企業なら「会社名」

   ※個人の場合、メルマガ文中ではペンネームやニックネームでも
    構いませんが発行者情報には本名の記載が必要です。

 ・連絡先・住所・・・個人なら「自宅」、企業なら「会社」の住所か
  電話番号。

   ※連絡先については、別途ホームページやブログに記載があれば、
    そのアドレスを載せてもよいです。

 ・解除のためのアドレス・・・発行されるメルマガを解除するための
  アドレス。

   ※解除アドレスは、必ずメール内のどこかに記載します。



■「読者さんリストの所得元を管理していない 」と、どうなるか。

  ・メルマガ発行者としては取得したメールアドレスの情報は、
   「いつ」「どこで」「どのように」 取得したのかの管理が必要です。

   ※ただし、2008年12月以前に取得したアドレスについては
    管理義務はないです。

   ⇒ これは警察から、「お見せ!」と言われたときに、
     「はいどうぞ!」と見せられるようにしておくと言うことです。



■「 オプトイン方式を守っていない 」と、どうなるか。

  ・オプトインについては、記載事項として「 ブログやオプトインページ
   に、メールアドレスを入力して登録するとメールマガジンに登録されま
   す 」という記載をしておきます。

   必ず、これが判るように目立つようにしておくと間違いはないです。



まぁひと言で言うとですね、


「 メルマガを発行するときには、許諾を受けなさいよ。

  発行者の名前と住所を記載しなきゃだめよ。

  解除はどこで出来るか分かるようにしておきなさいよ。 」


ということです。


細かい説明は別の機会にでもしたいと思いますが、

これどうしたらいい? 例えば「 会社に知られたくない 」

などの疑問がありましたらこっそりメールをいただけたら、

いくつかの方法を伝授します。




というところで、

メルマガ発行には法律が絡んでいるということが理解出来たら

ふたつめは「 メールを出すためのマナー 」について、

やってはいけないことについてお伝えします。


あなたは“ どきっ!! ”とするようなことはないとは

思いますがとりあえずチェックしてみて下さい(^^ゞ



 □名乗らない

 □宛名がない

 □挨拶しない

 □用件のみしかない

 □失礼な言葉使い

 □タメぐち

 □いんぎん丁寧

 □いんぎん無礼

 □なにが云いたいかわからない

 □意味不明な問い合わせ

 □お礼メールを出さない

 □お礼を言わない

 □質問されても答えない

 □強要しない

         …


・・・もし万が一あったら直しましょうね^^





そして本日のメインイベントは

「 メルマガの書き方×10 」です。


ポイントだけ上げておきますので気になる方は私へメールを・・・(^-^)v



【 メルマガの書き方×10 】 


=ポイント1=

■ビジネス文書にしないこと。
 

企業や小売店やお役所が出しているメールマガジンではなく、
あくまでもあなたが読者さんさんに宛てたメールとして
書くことです。

読者さんさんの事を考えると、堅い文章を読まされるより
ざっくばらんに書かれた文章の方が、楽な気持ちで読んで
貰えます。



=ポイント2=

■冒頭に余計なものを入れずに本文へ。


読者さんさんは忙しい!

これを分かった上で、メルマガの冒頭は軽くしたほうが、
読者さんさんの立場ではありがたくないでしょうか。

時節の挨拶は人として入れて当たり前だと思いますが、
挨拶の後、長々と商材の紹介なんかをやられるより、
いきなりあなたが伝えたいことをストレートに書き始めた
ほうが好感が持てると思います。



=ポイント3=

■編集後記が何のためにあるのか考えましょう。


「編集後記」の本来の意図を覚えてください。
「自分の人間性を出す場所であり、本文とは違った自分を
表現する場である」と認識しましょう。



=ポイント4=

■読み易さには気を配る。


これは好みの問題なんですが、私の場合はこうです。

1行の長さは「 一息で話をしている長さ 」として考えてます。
文章を読むのは呼吸と同じで、区切りがないと疲れてしまいます。

ですので、変なところで切れないようにしつつも、
妙に長くならないように気をつけましょう。



=ポイント5=

■行間をコントロールする。


これも書く人の好みもあれば、読む人の好みもあるので
一概に云えないところですが私は次のようにしてます。

文の固まりを考えながら、文章が長くなってしまって読者さんが
疲れてしまわないように気をつけながら。

大きく変わるときには5~10行程度の行間(スペース)を取り、
つなげて話したいときには1~2行程度と少なくしています。

読者さんさんに、続けて読んで頂くためにも
一息ついて貰うための行間の工夫は大事だと思います。




ポイント6に入ろうと思ったのですが、長くなってきましたので

次回に回します。

一応ポイントのポイントだけお伝えしておきます。



=ポイント6=
■句読点の使い方はメルマガ仕様で。


=ポイント7=
■行の固まりで読みやすさをつくる。


=ポイント8=
■多用は厳禁。ひらがなも意識しよう。


=ポイント9=
■できるだけ「 あなた 」と呼ばない。


=ポイント10=
■「なれ」もほどほどに。親しき中にも礼儀あり。






さて、少しずつメルマガを書く・出すというイメージが

出来てきましたでしょうか。


では、次回はポイントの続きと、今のイメージを

もう少し具体化しながら、ちょっと本気で

メルマガを書き始めましょうか。


だんだんわくわくしてきましたね(^-^)v



^^のんきでした♪。



メルマガに関するご相談は遠慮なくどうぞ (^-^)┘^^

ひとりで考え込んでる時間がもったいないですよ^^

→ http://my.formman.com/form/pc/8nBtDLwTLDMWJYd0/



-----------------------------------------------------------
↓ ランキングに参加中です^^ ワンクリックお願いします♪ ↓
     
-----------------------------------------------------------

コメント
非公開コメント

メルマガ講座 役に立ってますか?

>TOSHITEMさん

コメントありがとうございます。

メルマガも1通のメールと考えると、マナーなども含めて

日常のものとなんら変わらないんですよね^^

これから私も気をつけて行きたいですね。

メルマガ講座もう少し続きますよ~^^

お楽しみに!

応援返ししておきました(^^ゞ

2010-11-07 06:07 | from ^^のんき

ブログで稼ぐための情報を公開!TOSHITEM(トシテム)の必見ブログ!

-----------------------------------
はじめまして。^^のんきさん。

ちょっとぽっちゃりぎみのTOSHITEMです。

メルマガを発行することの注意、すごく

勉強になりました。

いろんな人の考え方があるので、

よく注意していかなくてはだめですね。

今日の記事とてもタメになりました。

パシッと応援ポチビーーーーーム!!

-----------------------------------

2010-11-06 16:58 | from ブログで稼ぐための情報を公開!TOSHITEM(トシテム)の必見ブログのTOSHITEM

トラックバック

http://noncoro.blog83.fc2.com/tb.php/414-722a06db

成分別サプリメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。