「 メルマガは終わった 」って、ありえないでしょ! - メルマガアフィリエイトで起業を支援【魔法の情報ビジネス成功術】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-----------------------------------------------------------
↓ ランキングに参加中です^^ ワンクリックお願いします♪ ↓
     
-----------------------------------------------------------

「 メルマガは終わった 」って、ありえないでしょ!

もう一度言いますよ!

前回の「 「 メルマガ 」は終わった・・・ 」
なんていってる人の話は

絶対間に受けちゃいけませんからね!
インターネットを使って情報を流して行くための

最大の武器は「 メルマガ 」しかありえないんですから!

そして「 メルマガ 」が廃れていくことなんてありえない!

ということ再認識しておいてくださいね♪



「 メルマガ 」は、

自分から情報を発信して相手の”ふところ”に飛び込んで

メッセージを伝えることが出来る唯一の媒体です。

ブログやホームページでは出来ない芸当です。


そして、その届ける相手の数が多ければ多いほど、

その「 メルマガ 」からセールスレターに誘導出来たり、

アフィリリンクをクリックして貰うことが自然と多くなり、

最終的にアフィリエイターが目指す「 稼ぐ 」という

ところへ直結していく訳ですね。





松元さんもご存知のとおり、

「 メルマガ 」は文字で表現するしかありません。


だからこそ、信頼関係さえ構築しておけば、

そのシンプルな媒体にある文字を読んでくれる人は

大切な見込み客であり、他のどんな媒体よりも

強力な発信力を持っているということも

分かるかと思います。




そうなると当たり前の話ですが、

「 メルマガ 」でもブログでもそうですが、

読者さんが興味あるサイトに誘導出来れば、

高い確率で購入して貰える訳です。


「 メルマガ 」は、

そういったことが出来る力を持っていること

しっかりと頭に入れておいてくださいね。^^





では、今回は前回とは違う話をしましょう。


「 メルマガ 」の秘密です。

これって意外と知られていない

「「 メルマガ 」の市場規模 」の話です。

松元さんは知ってますか?



調べてみると、「 メルマガ 」というのは

実はニッチな分野のひとつだったんですね。


市場規模って意外と小さいんですよ。




総務省の発表によると、

2010年1月にまとめたインターネット利用者数は、

9408万人だそうです。

もちろん、今後もっと増えていくでしょう。



その中で”メール”を利用している件数は

半数以上ということですから

5000万人は軽く超えているでしょう。



この数には会社の仕事でしか使っていない

メール人口も入っているでしょうから、

仕事を切り離してプライベートな利用者だけを

抜き出すと、



・・・正直分かりません。



仕事の中にプライベートなメールがあることだって

ありますから、この数字を掴むことはおそらく

不可能でしょう。



また、「 メルマガ 」に関して言えば、

あの「 メルマガ 」スタンドの大御所まぐまぐでは、

読者数1100万人と言ってます。


この数字はおそらく登録されているメールアドレス

全ての件数だと思いますので、実際に「 メルマガ 」を

読んでいる人数は・・・




正直これも分かりません。




でも、あるところでは100万人~200万人程度だと言われて

いますが、いくらなんでもそんなに少なくはないと思います。


それでも、数字の根拠がはっきりしているわけではないので

「 あらあらどれでも、そんなもん?・・・ 」という感じです。



改めて考えてみると、インターネットの世界で

「 メルマガ 」の占めている市場は

”単なる1つのカテゴリ”に過ぎないんですね。


インターネットを使ったビジネスモデルの多さを考えると

納得できます。



さらに言ってしまうと、

発行者の多くが「 まぐまぐ 」を利用しながら、

他のスタンドから出していたり、独自配信をしたりして

いますので、読者さんは他とかぶっているのが普通ですね。




要は「 メルマガ 」があちこちから出ていて、限られた読者さんを

インフォプレナーやアフィリエイター同士で食い合いを

している、まさに「 パイの食い合い 」の現象が

起きているわけです。



だから反応が薄くなって、

それまですごくいい反応を貰っていたメルマガ発行者が

前回このメルマガで伝えた「 メルマガ 」は終わったと

言い出しているとも考えられる訳ですね。




まぁ、そういう人は「 我こそはネットの先駆者である! 」

とか何とか言って、はたから見たら何だか勘違いしている

と思われているような人なんでしょう。




私の回りにいる「 メルマガ 」発行者さんで、

そんなこと言ってる人は、正直一人もいませんから!


逆に「「 メルマガ 」に関しては、揺らぐことなく続けられるね♪ 」

と話していることのほうが、逆に一般的です。



ただ最近ひとつだけ影響があったことがあって、

平成20年12月1日に施行された「 特定電子メール法 」

がそれなんです。



この特定電子メール法では、住所や名前を「 メルマガ 」の中に

明記する必要がありますので、一部稼いでいる人の中でも

「 メルマガ 」を発行することに躊躇したり、

とまどったりしていたようです。



でも、総務省が出しているガイドラインをさくっと見るだけで

回避策もきちんと載っているわけですから、これで「 メルマガ 」を

止めてるんだったら、もったいない話です。



でも考えようによっては、こういった法律に守られながら、

逆に松元さんは法律を守ることだけで、

「 メルマガ 」は今後もずっと続けられる媒体だということです。


一度信頼してくれた読者さんは、発行者が読者さんのことを

考えて発行している限り、ずっと信頼が継続します。



ここで、なぜ「「 メルマガ 」で信頼感が必要なのか? 」

という疑問は沸いてきませんか?


「 何が理由で、何の目的でそこまで「 メルマガ 」を使おう

としているのか 」という疑問です。



その答は、先ほど読み流す程度にさらっと書いた、



「 自分から情報を発信して相手のふところに飛び込んで

  メッセージを伝えることが出来る唯一の媒体 」



だというところにあるんです。




積極的に情報を伝えていくことで、

松元さん自身も世の中の動きに敏感になりますし、

日頃忙しくて、自分の仕事以外の情報を得られる機会が

少ないようなサラリーマンのような人にとっては、

こうやって自分のメールボックスに届く

「 メルマガ 」はとても大切な情報源であることには

間違いないはずです。




「 メルマガ 」が終わったとか、廃れるとか

そんな意味不明なこと信じないで、

逆にニッチなジャンルであることを知って

ひっそりと稼ぐためにも、

「 メルマガ 」を始めていない人は

ぜひ1歩目を踏み出しましょう。

-----------------------------------------------------------
↓ ランキングに参加中です^^ ワンクリックお願いします♪ ↓
     
-----------------------------------------------------------

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://noncoro.blog83.fc2.com/tb.php/344-ff56a01e

成分別サプリメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。