zip形式とlzh形式の使い分けについて - メルマガアフィリエイトで起業を支援【魔法の情報ビジネス成功術】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-----------------------------------------------------------
↓ ランキングに参加中です^^ ワンクリックお願いします♪ ↓
     
-----------------------------------------------------------

zip形式とlzh形式の使い分けについて

zip形式とlzh形式の使い分けについては
基本的にどっちでもいい。


元々lzhはパソコン通信の時代から日本でずっと使われていました。
(開発者が日本人)

だから、日本国内なら間違いないでしょう。
対してzipは海外で開発されて、
そっちで使われてきたという経緯があります。

なので、海外へ送るとか海外からのアクセスが予想される場合は、
zipにしておけばいいでしょう。


どっちにしろ、これだけInternetが普及してしまうとどっちでもいいかな、
という気がします。

受け取る人が展開できそうな形式を、
必要に応じて使い分けるのがいいのではないでしょうか?

長所短所といっても、圧縮方法が違うため、若干圧縮率に違いがありますが、
たいして違わないというのが私の感想です。

ちなみにunixではgzip形式がよく使われます。.gzとか.tar.gzとか
こういうのも展開ぐらいはできるようにしておくと後々役に立つかもしれません。
参考URLにいくとこんなに圧縮形式があるのかと驚くかも……

参考URL:

http://www.csdinc.co.jp/archiver/main.html

○ファイルを圧縮して保存する用途

どちらでもOK。より圧縮率の高い方を選べばいいでしょう。
傾向としては、LZHの圧縮オプションを変更して、Lh7形式で圧縮するのが比較的圧縮率が高いです。
が、cab形式が扱えるのであれば、断然cabですね。
圧縮オプションでlzx形式の圧縮率を最大にしてやれば、ZIPやLZHよりもはるかに高圧縮率になります。

○不特定多数への配布

日本人向けであれば、LZH(Lh5形式)で圧縮したファイルが無難。
日本人以外も対象にするのであれば、ZIP形式が望ましいですね。

相手がWindowsだと分かっていれば、
好きな形式で圧縮して自己解凍ファイル(.EXE)にしてもいいです。

自己解凍にするんであれば、やっぱりcab形式が圧縮率がいいですね。

同じ形式のファイルを大量に圧縮するって場合には、
国内ではあまりメジャーではないですが、RAR形式が向いています。

-----------------------------------------------------------
↓ ランキングに参加中です^^ ワンクリックお願いします♪ ↓
     
-----------------------------------------------------------

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://noncoro.blog83.fc2.com/tb.php/302-817c912f

成分別サプリメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。