メルマガの書き方 【前編】 - メルマガアフィリエイトで起業を支援【魔法の情報ビジネス成功術】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-----------------------------------------------------------
↓ ランキングに参加中です^^ ワンクリックお願いします♪ ↓
     
-----------------------------------------------------------

メルマガの書き方 【前編】

のんきが出させて貰っているメルマガがあるんですが
簡単に書けているように見えますでしょうか。

   こちら

そう思って読んで貰っているのでしたら
大変嬉しく思います(^.^)

それは何故か?

一応これでもメルマガを書いていることに
気を配っていることがあるわけです。


もしメルマガを書くのに困っている様でしたら
私が気を付けていることが参考になるといいのですが・・・


まず

気を付けていること・その1

■ビジネス文章にしないこと。


 企業や小売店やお役所が出しているメールマガジンではなく、
 あくまでも私があなたに宛てたメールとして書いています。


 そう思って気を付けていても
 なんだか固苦しい文章になってしまって
 見直しの時に書き直していることもしばしばあります。


 読者さんの事を考えると、お堅い文章で話されるより
 ざっくばらんに話をして貰った方が気が楽だと思いませんか。


 「あまり砕けすぎるとまずいんじゃない?」
 という声も聞こえてきそうですが、


 大丈夫です。
 こういった書き方をしていても、
 あなたの文章が気にいらない様でしたら
 ちゃんと解除してくてますから(^.^)、
 




気をつけていること・その2

■冒頭に余計なものを入れないこと。


 以前のメールでは

 冒頭にこのメルマガの紹介や本日のタイトル、
 アドレス登録がどうのこうの。
 解除リンクがどうのこうの、

 と、今見ると以前発行したものは
 間違いなくメルマガになっちゃってるんですね。


 とてもメールではないですね・・・(悲)。


 ですので、時節の挨拶は人として当然有りだと思うけど
 あなたが伝えたいことをストレートに書き始めても
 何にも問題ないと思いますが、どうでしょう。


 メールの最初は『軽く』しましょう。





気を付けていること・その3

■編集後記ってなんのためにあるかな。


 よく冒頭で何かコメントを書いて
 「続きは編集後記で」という流れをよく見ますが
 私はこれやってません。

 
 数年前は、メールを全文読んでもらいたいとか、
 とりあえずスクロールして目を通してもらうためとか

 最後に書いている「編集後記」に誘導するために
 そういった手段としての「続きは編集後記で」
 だったと思いますし、いろいろなところで
 推奨していたように思います。


 でも最近の読者さんは心得たもので、
 必要な情報はきちんと読んで、
 自分に不要な物はばっさりやってくれます。


 冒頭に「続きは編集後記で」と書くくらいなら
「今日はこんな話をしますので、興味のない方は
 ここで閉じちゃって下さい。
 でも次回はまた違った情報を出しますので
 また読んで下さいね」
 と書く方がよっぽど親切じゃないですかね。

 
 ちなみに私の編集後記は、

 私の身の回りで起きているようなことを書いて
「自分はこう思った」ということを見てもらって
 私という人間に対して共感してもらえるかどうか
 そんな意識で綴っています。



 間違っても「編集後記」にアフィリリンクを貼るなどは
 愚の骨頂と思ってます。



 ※むかしむかしはやってたかも・・・(;恥)





気を付けていること・その4

■読みやすさに気を配る。


 これは好みの問題なんですが私の場合はこうです。


 まず、1行の長さは「一息で話している長さ」
 として考えてます。

 文章を読むのも呼吸と同じで
 区切りがないと疲れてしまいますね。

 ですので、変なところで切れないように、
 変に長くならないようにしています。

 それでも、変な切り方をやむなくしないといけないこともよくありますが・・・

 ↑ といった1行ですね。
 これを注意してます。





気を付けていること・その5

■行間


 これも書く人の好みもあれば
 読む人の好みもありますので
 一概に云えないのですが
 私はこのようにしてます。


 文の固まりを考えながら、
 大きく替わるときは5~10行程度の行間を取り
 つなげて話したいときには1~2行程度と少なくしています。

 
 これも<その4>の呼吸との関連があると思ってまして
 文章が長くなってくると読み手は疲れてしまいますし
 意味がよく判らなくなることがあります。

 一息ついて貰うためにも
 この行間は工夫が必要だと思います。


 まぁ、書き終えて読み返すと思いますが
 その時自分で読んでいて普通に読めれば問題ないと思いますし
 なんか違和感があるなぁと思ったら
 どこかで窮屈な感じになっていると思います。





気を付けていること・その6


■句読点の位置

 国語では・・・・





え~と、あと5つ程あるのですが
それは後編にしましょう。


もったいぶってるんじゃないですからね(^^ゞ


もしメール(メルマガ)を出されているようでしたら
まずこの5つをチェックしてはどうでしょうか。


ひとつでも意識すると
ずいぶん印象が替わってくることがありますので
試してみて下さいね。


-----------------------------------------------------------
↓ ランキングに参加中です^^ ワンクリックお願いします♪ ↓
     
-----------------------------------------------------------

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://noncoro.blog83.fc2.com/tb.php/100-8b0d9181

成分別サプリメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。